w3i とは


21世紀にふさわしいイノベーション生態系を整備し、日本の社会と企業を再創造する
21世紀にふさわしいイノベーション生態系を整備し、日本の社会と企業を再創造する

 

w3i World Wise Web

 日本の「存在感(プレゼンス)」が問われています。

 総人口の21%以上を65歳以上が占める超高齢社会に世界で最初に突入しただけでなく、2万人近い犠牲者を出した東日本大震災、それに伴うスリーマイル島やチェルノブイリにも匹敵する福島原発事故を経験し、日本はいま、世界に例を見ない課題を数多く抱える「課題先進国」といえましょう。

 くわえて、リーマン・ショックを引き金とする世界信用不安や昨年来からの欧州危機といった資本主義経済の綻び、アラブの春やウォールストリート占拠デモなど新たな活動主義の台頭、また「地球はすでに臨界点に達している」という国連環境計画の報告書等が訴える環境問題の深刻化など、こうした全世界的な課題とも無縁ではいられません。

 にもかかわらず、「ジャパン・パッシング」(日本素通り)という言葉があるように、世界における日本の存在感は低下傾向にあるのが実情です。しかしそうとはいえ、課題先進国として、また世界経済の一角を担うキー・プレーヤーとして、さまざまな課題の解決に貢献すべく、世界各国の知性と協働し、その成果を積極的に共有・発信していく責任を負っているはずです。

 現在、日本の志ある産業人の方々のご支援の下、一橋大学名誉教授の野中郁次郎氏、多摩大学教授の紺野登氏らを発起人に、言わば「知のコモンズ」(知的共有財産)を創出する非営利研究組織「ワールド・ワイズ・ウェブ・イニシアティブ」(略称w3i)を立ち上げる準備を進めております。

 このw3iでは、以下の3つに重点を置きながら、アリストテレスら古代哲学者に倣い、「トポス*」(topos)という議論の場を定期的に設け、「ワールドクラス人材のソーシャル・ネットワーク(ウェブ)の構築」を推し進めてまいります。

 ・世界的な課題の解決に資する学際的な議論の奨励
 ・産業人と研究者の知的協業や実践活動の支援
 ・上記のための人的ネットワークの形成

 日本は、かつての自信を失ってしまったのかもしれません。ですが、思い出してください。日本は試練と格闘するなかで、「メタモルフォシス」(情態の変容)を遂げてきました。現在を次なる変容の充電期とするには、大局観と高い問題意識を持ち合わせた知的エリートが集まり、二元論や現状の裏返しといった安易な解決法に走ることなく、過去の賢人たちが実践してきたように、さまざまな意見や視点を取り込みながら、建設的な議論を交わすことが不可欠です。ぜひともw3iにご理解ならびにご参画いただきたく、ここにお願い申し上げます。

※ギリシア語で「場」という意味です。

pagetop
pagetop