山口 高平


takahira_yamaguchi

山口 高平
人工知能学会会長、慶應義塾大学理工学部教授

定理証明、知識システム、知能ソフトウェア工学、データマイニング等の研究を経て、現在、日本語Wikipediaとテキストから、概念間の意味関係を明示するオントロジーを自動構築し、ロボットにおける対話と動作の融合、モビリティサービス、知識継承に応用することを研究している。著書として、 Knowledge-Based Software Engineering (coauthor with E.Tyugu, IOS Press, 2006),データマイニングの基礎(オーム社、共著、2007年大川出版賞)、Practical Aspects of Knowledge Management (Springer, 2008)等。
pagetop
pagetop