森本 敏


satoshi_morimoto

森本 敏
第11代防衛大臣

昭和16年生まれ。防衛大学理工学部卒業後、防衛庁入省。昭和52年に外務省アメリカ局安全保障課に出向。昭和54年外務省入省。在米日本国大使館一等書記官、情報調査局安全保障政策室長など一貫して安全保障の実務を担当。専門は安全保障、軍備管理、防衛問題、国際政治。平成4年より野村総研主任研究員(~平成13年3月)。平成7年より慶應大学・同大学院にて特別招聘教授、非常勤講師を兼任(~平成11年3月)。平成9年より中央大学・同大学院にて客員教授(~平成14年3月)。
平成11年より政策研究大学院大学(~平成15年)、聖心女子大学非常勤講師を兼任(~平成23年3月)。平成12年より拓殖大学国際学部教授(~平成19年3月)。平成17年より拓殖大学海外事情研究所所長(~平成24年6月)、拓殖大学教授(現職)。平成21年より東洋大学客員教授(~平成22年)。平成21年8月初代防衛大臣補佐官に就任(~同年9月)。平成24年6月第11代防衛大臣に就任(~同年12月)。
pagetop
pagetop