ポール・ローマー


paul_romer

ポール・ローマー
ニューヨーク大学 レナード・N・スターン・スクール 教授

ニューヨーク大学 レナード・N・スターン・スクール 教授、都市化プロジェクト ディレクター
ディレクターを務める「都市化プロジェクト」は、一世紀以内に、30~50億人の人々に都市生活環境を提供するという歴史的な挑戦であり、重要な機会であると世界的に広く認識されている。プロジェクトの最初のイニシアチブとして、既存の都市計画を拡張し、次に全く新しい都市として発展させて行くというアプローチをとっている。これは、歴史的に見て、新しい都市の誕生が、体系的な社会改革を実行したり、都市の発展を加速化させるという意味において、他に類を見ないような重要な機会を提供しているという仮説に基づいている。
前職のスタンフォード大学ビジネススクールにおいては、研究以外の貢献として、教育工学関連企業であるアプリア(Aplia)を起業。全米経済研究所(NBER)の研究員や、アメリカ芸術科学アカデミー(AAAS)のフェローを務めている。
2002年には、自立的経済成長理論における研究が評価され、クラウス・レクテンヴァルト経済学賞を受賞。
pagetop
pagetop