ムハマド・ユヌス


muhammad_yunus

ムハマド・ユヌス
ユヌス センター代表、グラミン銀行創設者

1940年、バングラデシュ、チッタゴン生まれ。ダッカ大学を卒業後、米国ヴァンダービルド大学にて経済学博士号取得。1972年に帰国後チッタゴン大学経済学部学部長として教鞭をとるも1974年バングラデシュ国内で発生した大飢饉をきっかけに農村部の貧困層救済活動を開始。1983年農村部の低所得者(主に女性)に無担保小額融資(マイクロクレジット)を行うグラミン銀行を創設し貧困層の自立を支援する事で同国内貧困削減に大きく貢献。この功績により2006年グラミン銀行とともにノーベル平和賞を受賞。その後、社会問題をビジネスの手法で解決する「ソーシャル・ビジネス」を提唱し、貧しい人々の教育、医療、生活環境の向上に寄与する事業を次々と立ち上げている。現在バングラデシュ国内だけでも50以上のグラミン・ファミリーと呼ばれるソーシャル・ビジネス・カンパニーが活動をしており、その代表を務める。
pagetop
pagetop