ハンク・クーネ


kunehank

ハンク・クーネ
エデュコア 代表兼ディレクター
フューチャー・センター・アライアンス 創設者

官民を問わず、社会イノベーションや再生事業等のプロジェクトを手掛け、組織や社会の個人あるいは社会全体を取り巻く複雑な問題解決において、きめ細かいコンサルティングを行っている。エデュコアのディレクター、フューチャー・センター・アライアンスの創設者兼取締役、知識社会を念頭に置いたアジェンダ・デベロッパーとして機能しているグローバル・ネットワークであるニュー・クラブ・オブ・パリなどで積極的に活動を行っている。2015年に、社会イノベーションのための国際的イニシアチブI2SIを共同設立し、人・アイデア・情報という資産を提供するオープン・ネットワークのプラットフォームづくりに従事している。このプラットフォームは、よりスマートでサステイナブルな社会の創造を目指す実務家向けのサービスとしても機能している。

これまでに、オランダの公的機関、日本、フィンランド、スウェーデン、EUにおける様々なイノベーション・イニシアチブ等、広範囲に渡る活動に携わってきた。近年は、社会イノベーションの実現に向け、システミックでオープンなイノベーション、地域と調和した包括的なイノベーション・エコシステム、イノベーションを可能にする環境づくりに注力している。

イノベーション・エコシステム、イノベーションを可能にする職場、公的機関のイノベーションに不可欠な成功要因などを扱った多くの著書がある。いくつかの国々におけるフューチャー・センターの設立と運営に関与し、イノベーションのための場づくりにおいて影響力を発揮している。ACSI(アールト大学社会的イノベーション・キャンプ)のパイオニアの1人であり、2010年よりプリンシプル・モデレータを務めている。
pagetop
pagetop