デヴィッド・ハーヴェイ


harveydavid

デヴィッド・ハーヴェイ
ニューヨーク市立大学大学院 名誉教授(人類学・地理学)

『Social Justice and the City』(社会的正義と都市)、『ポストモダニティの条件』(青木書店、1999)、『Spaces of Hope』(希望の空間)、『ニュー・インペリアリズム』(青木書店、2005年)、『新自由主義—その歴史的展開と現在』(作品社、2007年)、『反乱する都市—資本のアーバナイゼーションと都市の再創造』(作品社、2013年)など20冊以上の著書を持つ。近著に『Seventeen Contradictions and the End of Capitalism』(資本主義の17の矛盾)がある。

自身のウェブサイト[ DavidHarvey.org ]は、マルクスの『資本論』についての講義を撮影した動画や、世界各国で行った様々なトピックスの講義を掲載していることで知られており、世界中からアクセスがある。

スカンジナビア、ラテンアメリカ、英国などから合計8つの名誉博士号を贈られている。
ニューヨーク在住ではあるが、ヨーロッパ、中東、ラテンアメリカなどを頻繁に訪れ、調査・研究を行っている。

pagetop
pagetop