第11回トポス会議


第11回トポス会議

半世紀前の1968年、日本は敗戦直後の8倍強という経済成長を実現し、アメリカに次ぐ世界第2位の経済大国になった。ここまで劇的な発展を遂げた国はいまだ世界的に例がなく、当時は「東洋の奇跡」(Japanese miracle)といわれた。

この歴史的成功は、初期こそ景気や為替などマクロ経済的要因の影響が大きかったが、中期以降は、いわゆる「日本的経営」という、日本独自のマネジメ
ント・システムの賜物にほかならない。

しかしその後、それこそ日本的経営が得意とする継続的改善は、生産現場のレベルで留まり、マネジメントの改善・進化には至らなかった。むしろ、成功
の罠とバブル崩壊後の自信喪失から日本的経営を否定し、アングロサクソン流の経営手法を安易に導入してしまった(一方、欧米企業は日本企業を虚心に研
究し、その長所や強みを取り込み、マネジメントの幅と深さを増していった)。

21世紀にふさわしい日本的経営を構想する――。

第2ステージを迎えたトポス会議では、この挑戦をテーマに掲げ、戦後の成長とバブル後の停滞について、一貫した論理に基づいて再検証するとともに、
新しい着想や萌芽的事例を紹介しながら、日本企業らしいマネジメント・イノベーションの姿について議論する。

日本企業の中に理想形を見出したピーター・ドラッカー、『ジャパン・アズ・ナンバーワン』の著者エズラ・ヴォーゲル、『ジャパニーズ・マネジメント』の著者リチャード・パスカルなど、アメリカの経営研究家たちはなぜ日本的経営を高く評価したのか。日本的経営のエートスは改善が主であり、イノベーションや変革は例外的だったのか(もちろんその限りではない)。日本的経営を進化させることで、日本企業はその可能性を覚醒させられるのではないか――。

世界的マネジメント・グールーの一人であるヘンリー・ミンツバーグ、『新・日本の時代』(Japan Remodeled)で日本の変化のパターンを示した
スティーブン・ヴォーゲル、そしてヨーロッパ・ドラッカー・ソサイエティ会長リチャード・ストラウブ、野中郁次郎とともに日本的経営の実際を観察・研究してきた加護野忠男などのフロニモス(賢人)たち、そしていままさに新しい日本的経営を創造しつつあるビジネス・エグゼクティブたちとの討議を通じて、目指すべき針路について考える。

開催概要

日時 2017年9月22日(金)13:20~20:30(12:20より受付開始)
会場 六本木ヒルズ森タワー49階 アカデミーヒルズ内タワーホール
住所:東京都港区六本木6丁目10-1 [地図]
主催 w3i(ワールド・ワイズ・ウェブ・イニシアティブ)
後援 株式会社富士通総研
参加費 20,000円 (税込)

 

プログラム

13:20-13:30 プロローグ
13:30-15:00 セッション 1 《イノベーション経営の時代の日本的経営》
15:00-16:20 セッション 2 《日本的経営の根幹的価値観とシステム》
16:20-16:35 休憩
16:35-18:00 セッション 3 《日本の社会の潜在力と企業》
18:00-18:30 総括 野中郁次郎 一橋大学 名誉教授
18:30-20:30 ネットワーキング・セッション

※プログラムや登壇者は告知なく変更される場合があります。

登壇者(予定)

濱松誠

One JAPAN 共同発起人・代表

鎌田由美子

カルビー株式会社
上級執行役員 事業開発本部本部長

工藤禎子

株式会社三井住友銀行
常務執行役員

リチャード・ストラウブ

ヨーロッパ・ピーター・ドラッカー・ソサイエティ 創設者兼会長
グローバル・ピーター・ドラッカー・フォーラム 会長

ジェローム・シュシャン

ゴディバ ジャパン株式会社
代表取締役社長

玉川憲

株式会社ソラコム
代表取締役社長

スティーブン・K・ヴォーゲル

カルフォルニア大学バークレー校
アジア研究所 政治学 教授

藤野道格

ホンダ エアクラフト カンパニー 社長兼CEO
【ビデオメッセージ】

加護野忠男

神戸大学 名誉教授
【ビデオメッセージ】

ヘンリー・ミンツバーグ

カナダ・マギル大学
教授
【ビデオメッセージ】


コーディネーター/総括

紺野 登

多摩大学大学院教授
(トポス会議発起人)

野中 郁次郎

一橋大学名誉教授
(トポス会議発起人)


主催/後援企業

 

お申し込みサイト

関連リンク

FUJITSU

お問い合わせ

【トポス会議事務局】
富士通総研経済研究所
電話: 03-5401-8392

w3iトポス会議に関するお問い合わせフォーム

pagetop
pagetop