第1回トポス会議


第1回トポス会議

コンピュータ科学の世界では、「シンギュラリティ」(singularity)、すなわちコンピュータの能力が人間の知性を超える日がいずれやってくるという意見があります。

第1回トポスでは、未来学者、コンピュータ草創期の科学思想家、研究者、哲学者、さらにはコンピュータと実際に勝負した棋士など、幅広い分野から専門家をお招きし、このシンギュラリティの問題を通じて、人間の「暗黙知」や「身体性の知」の意味、さらにはマン-マシンの共進化について、あらためて考えてまいります

開催概要

日時 2012年9月21日(金)10:15-20:30
会場 六本木ヒルズ森タワー49階 アカデミーヒルズ内タワーホール
住所:東京都港区六本木6丁目10-1 [地図]
電話:03-6406-6649
主催 ワールド・ワイズ・ウェブ・イニシアティブ
後援 株式会社 富士通総研、社団法人 人工知能学会
参加費 20,000円 (税金込み)

プログラム

10:15-10:50 特別講演:「われ敗れたり、されど」
10:50-11:30 基調講演1:「シンギュラリティの挑戦」
11:30-12:50 ランチ&コミュニケーション
「w3iの目的と活動方針」
「人工知能学会会長 挨拶」
12:50-13:20 基調講演2:「知性について問い直す」

13:20–17:00

ダイアローグ・セッション
「シンギュラリティの論点:人間の知性vs.コンピュータ」

17:00–17:30

総括:野中 郁次郎

登壇者

エリザベス・チャーチル

応用科学者、博士

ウィリアム・ダットン

オックスフォード大学・オックスフォード・インターネット研究所(OII)教授、同大学ベイリオル・カレッジ・フェロー、南カリフォルニア大学名誉教授

長谷川 眞理子

総合研究大学院大学教授

飯田 弘之

北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科(情報科学専攻・人工知能領域)教授

伊藤 穣一

マサチューセッツ工科大学メディア・ラボ所長
ビデオメッセージ  icon-youtube-play 

ニール・ジェイコブスティン

シンギュラリティ大学人工知能・ロボット工学部門共同議長、同大学前総長

アラン・ケイ

米国・ビューポインツ・リサーチ・インスティチュート 設立者
ビデオメッセージ  icon-youtube-play 

 

前野 隆司

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授

カトリーヌ・マラブー

哲学者
キングストン大学哲学学部教授
ビデオメッセージ  icon-youtube-play 

ポール・サフォー

未来学者
フォーサイト社デサーン・アナリティクス・マネジング・ディレクター
ビデオメッセージ  icon-youtube-play 

山口 高平

人工知能学会会長、慶應義塾大学理工学部教授

米長 邦雄

公益社団法人日本将棋連盟会長、永世棋聖、
北陸先端科学技術大学院大学特任教授


ビデオメッセージ

コーディネーター/総括

山川 紗弥

女優 オスカープロモーション所属

武部 恭枝

コミュニケーション戦略コンサルタント
(株) プライムコーポレーション代表取締役社長
国際会議同時通訳者

紺野 登

多摩大学大学院教授
(トポス会議発起人)

野中 郁次郎

一橋大学名誉教授
(トポス会議発起人)


後援企業

関連リンク

FUJITSU

お問い合わせ

【トポス会議事務局】
富士通総研経済研究所
電話: 03-5401-8392

w3iトポス会議に関するお問い合わせフォーム

pagetop
pagetop